1月 16

SNSサイトで再会したバツイチの元同級生とセフレ関係に

僕が経験したエッチな体験談をご紹介します。

■1番目はSNSサイトで再会したバツイチの元同級生とセフレ関係にという話です。

近頃はSNSサイトがブームになっているので、それに連れて同窓会もブームになっているようです。
あちらこちらで同窓会が増えています。
同窓会専用のコンテンツも多いです。

■確かにSNSサイトで再会して実際に会っているという流れはよく耳にします。

同級生も色々。
結婚している人もいるし独身もいるでしょう。
中には離婚歴のあるバツイチもいるわけです。

■僕が今回セフレゲットできたのはバツイチの女性です。

本名を出す訳にいかないので真理さんとでもしておきましょう。
真理さんとは同じクラスになったことはありました。
でも学生時代はそこまで仲良かったわけでもなかったですね。

こういったことはどうでもいいみたいですね。
再会してしまうと過去なんてあまり関係ありません。
同窓会をきっかけにして何回か会ううちにタクシーで送っていくことになったのです。
そのとき真理さんは結構酔っ払っていました。

■子どもは実家に預けているので自宅には誰もいないという話に……。

今から考えてみたらお酒が回ってくると結構、下ネタもバンバン言い出すタイプでした。
バツイチですから性的なことでも欲求不満があるようだと察していました。

酔っ払っていることもあって自宅にあがりこんで介抱するという展開になりました。
そうしたら真理さんのほうから誘ってきました。
言葉ではなくて直接僕の股間に手を伸ばしてきたのです。

■さすがにこれには僕も驚きました。

これは確実に誘っているに違いありません。
「据え膳食わぬは男の恥……」なんて言葉もあります。
僕はガッツリといただかせてもらいました。

■男女の関係は一度しちゃうと抵抗感がなくなります

それ以降もときどき会うようになって、気がついたらセフレ関係になっています。
子どもがいるから付き合うことはできないという申し出で僕にとったら渡りに船です。
これは会いたくないのではなくてセフレ宣言だったわけです。
こういった感じでセフレ関係ができることもあります。

■2番目は保険の外交員とのエッチな関係です。

アダルトビデオじゃないんだから、そんなの実際にないでしょう……そう僕も思っていました。
でも現実は小説より奇なりです。

■そろそろ保険に入らなくてはと思っていました。

アラサーにもなってきたので、将来のことも考えなければならないのです。
インターネットで資料請求したら、すぐに連絡がきました。
それで近くの喫茶店で話をしましょうという展開になります。
電話越しでは気がつかなかったのですが会ったらかなり若い女の子のでした。

外見は女子大生でも通用する感じでした。
そこで色々と説明されたのです。
ですがイマイチ自分とは合わない保険でした。

■彼女には悪いですが僕自身も勘違いがあったのです。

その勘違いをちゃんとした知識で説明してくれたのです。
僕は他の保険会社を当たろうと内心思っていました。
それを察したのか彼女は必死になって契約をとりたい感じになってきました。

■かなり強めにプッシュされました。

でも僕はあまり契約する気が起こらなかったのです。
その日は契約せずに終わりました。
後日ですが結構電話が入るようになってきました。

■僕は、そこでエッチなことをひらめいたのです。

それは彼女を自宅に呼ぼうということでした。
いきなり自宅で……となると警戒されると思っていました。
だから「忙しくて夜にしか時間がとれない」というと、では夜に伺いますと言う返事。

■作戦成功です。

契約を取るために必死になっているのです。
僕は「これはいけるだろう」と確信しました。
彼女もそのつもりみたいでした。
どうやらニンフォマニア(色情症)の性癖があったようです。

■オススメ記事
出会い系サイトメルパラで会えた読者モデルはメンヘラビッチだった話

12月 11

サイトマップ